実際に掲載された方に聞いたホットペッパービューティー採用術

ホットペッパービューティーは、地域密着型のクーポン券付きフリーペーパーです。読者は8割がおしゃれや美容に敏感な20代から30代の女性となっており、トップファッション誌をしのぐ閲読数を誇ります。自分への投資が可能な働く女性が半数以上を占めているので、この年代層の女性にいかに働きかけるかによって、集客率が高まります。多くの人が行き交う駅構内に置かれているため、手に取られる率も高くなる訳です。ホットペッパービューティーに掲載されることで、まず店舗の情報を多くの人に知ってもらうことができ、新規の顧客を増やしたいという店舗や客単価を上げたいという店舗の希望を叶える近道にもなると言えるでしょう。より効率良く集客率を上げるためには色々なポイントを押さえておく必要があります。

キャッチコピーは分かりやすく人目を惹くものを

ホットペッパービューティーはクーポン券がついていることで人気を集めているのですが、そのクーポン券のキャッチコピーがとても重要です。顧客は、自分が通うサロンを探すために情報を集めています。多くのサロンの中から目を留めて予約してもらうためには、心惹かれるキャッチコピーでなければいけません。キャッチコピーを考える際には、あまり人が知らないような専門用語を入れても敬遠されてしまうだけです。なるべく分かりやすく、それでいて、これは何だろうと思わず立ち止まってしまうような文句を考えましょう。また、ターゲットとする年代層や性別を明確にしていくことも大切です。幅広い年代に受けるものを、と考えると漠然としてしまうため、具体的に顧客となる人物像を明確にしていきましょう。

ネットも併用するとなお効果が上がる

フリーペーパーの本誌だけでなく、最近はインターネットからホットペッパービューティーにアクセスする人も増えています。インターネットを利用するメリットとして、いつでも都合の良い時に閲覧や予約ができるという点があります。実際、サロンに予約している顧客はサロンが閉店後の時間帯が最も多いという統計があります。夜の時間帯は、昼間働いている女性がサロンを予約しようと探す時間帯に重なる訳です。そのため、フリーペーパーだけでなくインターネットにも掲載することで、より集客効果を高めることができます。スマートフォンからもアクセスできますので、より多くの顧客を見込めるでしょう。新規でお店を探している顧客だけでなく、一度サロンに来店した顧客に対しても、再来店専用のクーポン券などを掲載することで集客することができます。